Hiroki Mafuyu Blog

kquarter.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 07日

遠藤ミチロウのマリアンヌ

「地球屋 」で遠藤ミチロウを観た_

ギター一本のアコースティック・ライブ
FORKでもROCKでもPUNKでもあり そのどれでもない音楽
ミチロウは早川義夫から始まった文学情念型とも言える日本語ROCKの継承者だ
LOU REEDやDAVID BOWIEを聴いていると
「英語圏の人間になってこの歌を聞いてみたい」というジレンマにかられるが
ミチロウや早川義夫を聴くとそれも和らぐ

スターリン時代から最新のものまで 新旧の唄が歌われて行く
ささやきから絶叫まで
どれだけ激しくギターを掻き鳴らしたとしても彼独特の素朴で知的な空間が壊れることはない
50人ほどの観客がその光景を固唾を呑んで見守っている
約二時間の独演はあっという間に過ぎて行った_

ラストの曲を告げようとした時
客席から「マリアンヌを演ってください、、、」とリクエストがかかった
「・・・ 」
「早川さんのマリアンヌです。クラブチッタ以来なんです、、、。」

ミチロウは少し間を作りギターを弾き始めた
激しいノイズを演出し咆哮のような声を震わせる
その震える音像が音楽に変わり「マリアンヌ」に繋がった時がこの日の頂点だった

 嵐の晩が好きさ、、、

くぐもった声で歌い始めるミチロウ
私は歌詞を聞き逃さないように思わず身を固くする


早川義夫の「マリアンヌ」を初めて聴いたのは10代の時 
感度の悪いAMラジオから流れてきたこの歌に強い衝撃を受けた
FORKでもROCKでも演歌でもない情念の唄
「こんな強い唄があったんだ、、、」深夜ペンを握りながら茫然としていた


ミチロウは感情を抑制しながら淡々と「マリアンヌ」を唄う
私は音楽のみならず絵と漫画においてもこの曲に強く影響されていたことを改めて感じた

'70年代イギリスのPUNK ROCK_SEX PISTOLSをデザインしたヴィヴィアン・ウエストウッドが
'90年代半ば「もう過激なファッションを作る気はないのか」と聞かれ
「今、過激であるということは、エレガントであることです。」と言い放ったのを思い出す

それからさらに10年


ミチロウが次の答えの入り口を見せてくれたような気がした_



d0060251_2553124.jpg
d0060251_2554247.jpg
d0060251_2561515.jpg

[PR]

by hirokimafuyu | 2007-02-07 03:01 | LIVE REPORT


<< All Apologies_      Metaphor >>