Hiroki Mafuyu Blog

kquarter.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 05日

私の街でも桜が咲き始めた

春の喜びと共に
何となく現実への危機感が緩くなっていることが気になる

復興支援の形も定まらず
放射能の垂れ流しは続いている

まだ何も解決していないのに_

d0060251_0543639.jpg

[PR]

# by hirokimafuyu | 2011-04-05 00:55 | 雑記 | Trackback | Comments(1)
2011年 03月 31日

しきりなおし

3月が終わる

今月は制作に集中するつもりだったが 落ち着かない日々が続いた
無力感の中 様々な感情を味わった


政治
環境
自分自身

問い詰める為の機会と思うしかない


4月 改めて仕切りなおし_


d0060251_493193.jpg

[PR]

# by hirokimafuyu | 2011-03-31 03:59 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 27日

日曜日

あれから3度目の日曜日
少年達が遊ぶいつもながらの光景にほっとする

この空の中で何が起きているのだろう_
d0060251_1753373.jpg
d0060251_175182.jpg

[PR]

# by hirokimafuyu | 2011-03-27 17:09 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 23日

Last Chance

計画停電の時間帯に外出した
同じグループでも停電が実施されるエリアとそうでないエリアがあるようだ
何故なのかは分らない

明かりの乏しい街を歩いていてパリを想い出した
3年前 フランスの美術学校 Strate Collège のワークショップの為 1週間パリに滞在した
講義の後 食事をする店を探しながら夕刻の街を徘徊するのが楽しかった
郊外だったこともあってか 妙に国立に似ているなぁなんて思いながら歩いていた
でも違うのは光だ
東京よりずっと薄暗い灯りの中に街が溶け込んでいる
昔 初めてニューヨークに行ったときにも同じように感じたものだ
42nd Street タイムズスクェアの薄暗さに驚いた
マンハッタンで一番の盛り場であればもっとギンギラギンと思っていたからだろう
多分 新宿歌舞伎町あたりに重ね合わせていたのだと思う


でも暫くするとその優しい光が好きになった
ゆっくりと夜に包まれていく心地良さがあったからだ
白熱灯の柔らかい光がそう思わせていたのかもしれない


だから東京に戻ったときは眼がくらんだ
何故こんなに白々しいまでに明るくなければならないのだろう
それとも夜でもアッパーに働けってことなのか


節電や計画停電で街が優しくなるのなら私は大歓迎だ
パチンコ屋のグロテスクな電飾が消えたのも嬉しい
量販店の過剰なアナウンスが静まるのもありがたい

過度なエネルギーを必要とする生活様式が今回の不安を呼び込んだとしたら
それを考え直すチャンスなのだと思う

初めてのチャンス
でも最後のチャンスかもしれない

何よりも子供達の為に考え直さなければならない_


d0060251_0321156.jpg
国立大学通りと桜通りの交差点。信号機が機能していない為、警官が交通整理をしている。道路奥が停電中の富士見団地。手前は灯がともっている。


d0060251_0341354.jpg
2008年春、パリ郊外マルセル・サンバ広場。国立駅前に良く似ていた。
[PR]

# by hirokimafuyu | 2011-03-23 00:40 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 21日

James Blake

NETで偶然知った
YouTubeで2曲聞いて たまらずアルバムをダウンロードした

それから繰り返し聴いている

イギリスの新人らしい
ダブステップというジャンルらしい
21世紀のゴスペル?
そんなことはどうでもいい

歌ものでこんな気分になったのは Antony & The Johnsons 以来だと思う

音が途絶えたときの 静寂が美しい_


d0060251_119617.jpg

[PR]

# by hirokimafuyu | 2011-03-21 01:55 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 17日

To friends

The epicenter is Tohoku(east north) in Japan.
I felt a terrible shake though it was fairly away from Tokyo.
Magnitude 9!!!

I learnt a lot of damage information by the news of the television.
It's a sad, surprising image.
TSUNAMI !!!
And, the tragedy has still increased.

The aftershock continues,,,
However, worry is the nuclear plant now.
Because the nuclear plant in Fukushima Prefecture (150 miles north of Tokyo) has fallen into the uncontrollability.
People's big fears are meltdown !!!


The earthquake is a natural disaster.
Nothing can be done.
It's a fate that arose to the Japanese.
However, it is necessary to think about nuclear power generation.
It's abnormal that the nuclear plant of 50 or more exists in this small island nation.

The danger of nuclear power generation has been repeatedly said even without giving Chernobyl and the example of Three Mile Island.
There was a protest campaign within the country, too.
However, the increase of the nuclear plant was not stopped.
It's people's responsibilities.
Of course, I also...
Mass production. Volume consumption.
The electric power energy was excessively needed for a comfortable life style.
More more, more,,,
Pleasure was chosen from danger.

It's time to rethink about our lifestyles.
There must be a method of the happy living even if it's modest.
Japanese of old lived just so.
The current excessive system is only most recent in an otherwise long history of Japan.

Please don't misunderstand.
I don't think that we just have to return to old times.
Rather, that we should make a new lifestyle that corresponds to the 21st century.
It has been said up to now.
However, the band wagon which everyone has jumped on was not able to be stopped.
It's time now to stop that band wagon once and to think about how to best live our lives.

  Feel simple beauty of the flowering plant in the wayside.
  Let's hear the melody of the wind.

My friends are people who love art, this meaning will be understood.
Because happiness can always be made from just the pencil and paper.

Surely, from this lesson we can learn, and happiness can be regained.

I believe so.

Hiroki Mafuyu




facebookでは海外の友人たちから沢山の心配メールをいただきました。
その都度、お礼を返信しましたが、
今一度、自分の気持ちをまとめてfacebookのトップに表示したいと思いました。
しかし書いてみたら長文になってしまい、とても規定の字数に治まりません。
それで、こちらのブログにリンクして読んでもらうことにしました。

今回の震災で私が思うことが書いてあります。

ひろき真冬 facebook
www.facebook.com/profile.php?v=wall&id=100000893708956

d0060251_22274056.jpg

[PR]

# by hirokimafuyu | 2011-03-17 22:39 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
2011年 03月 17日

計画停電

夕方 国立駅前に買い物に行ったら目当ての店が皆閉まっていた
そこでやっと計画停電のことを思い出す
暫くしてブロックごとに街の灯が落ちていく
現実感を感じない
何だか映画のセットみたいだ
買い物が出来なかったことは残念だけれど
普段と違う街景を見れたことは良かった

私の地域は第3グループ
ローテーションが夕刻のとき また街を徘徊に来よう_

1 停電前/大学通りから見た国立駅
d0060251_3392636.jpg

2 停電後/同じ位置からもう1枚
d0060251_340331.jpg

3 帰宅後/iPhoneでメールの返信
d0060251_3403984.jpg

[PR]

# by hirokimafuyu | 2011-03-17 03:50 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 14日

何を試されているのだろう

凄いことになって来た
余震は勿論 原発が心配だ

私は意味のないことは起こらないと思っている
自営業者として 糸の切れた凧のような生活を30年以上支えてきた上での感触だ

私達は何を試されているのだろう_

d0060251_535920.jpg

[PR]

# by hirokimafuyu | 2011-03-14 05:39 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
2011年 02月 17日

ジャン=ミッシェル・バスキア

モスバーガーのクラムチャウダーに 思いつきでコーヒーミルクを入れてみる

凄い美味!
もっと早く気がつけば良かった

写真のCDはジャン=ミッシェル・バスキアが関わっていたGRAYというBAND
'70〜'80年代にかけてNEW YORKのアンダーグラウンドシーンに存在していたらしい
DiskUNIONで本当はPJハーヴェイかモグワイの新譜を買うつもりだったのだけれど 衝動買いしてしまった
今夜ゆっくりと聴いてみたい


最近は音楽CDをまとめ買いすることはしない
1枚ずつ買ってしっかり聞かないと 本質を逃すことが多いからだ
コンテンツと呼ばれるようになってから音楽は脆弱になってしまった_

d0060251_19235038.jpg

[PR]

# by hirokimafuyu | 2011-02-17 19:39 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 15日

WHITE BIRTHDAY

いつもの散歩道
一晩中降り続いた雪で一面の白を期待していたのだけれど
昼過ぎにはこの状態、
朝方は見事な雪景色だったかと思うともったいない

穏やかに誕生日を迎えました_
d0060251_18581380.jpg

[PR]

# by hirokimafuyu | 2011-02-15 18:59 | 雑記 | Trackback | Comments(0)