<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 18日

小林 繁

昨日 巨人阪神でエースピッチャーだった小林繁氏が亡くなった

まだ57歳
信じられない

私の中には'78年の「江川事件」の記憶は未だ生々しく残っている
東京で生まれた男子は巨人ファンになるのが当たり前といわれた世代に私は育った
何よりも王貞治がいる巨人軍が好きだった
その私にとって子供の頃から信じていた組織を初めて疑う機会になったのが'78年の「江川事件」だった
こう書くと大げさに聞こえると思うが それだけ牧歌的な時代だったのだろう
最終的に小林繁が犠牲になる形で決着がついたが 彼の潔い態度でどれだけプロ野球のイメージが救われたことか、

それからは小林が投げる時は阪神を応援した
細身の体からの気骨の投球に興奮した
そして私の巨人ファン歴は王貞治が監督を追われた時点で終わった
今 巨人で顔と名前が一致するのは原監督と阿部くらいだ
愛とか憎しみではない
本当に興味がなくなってしまったのだ
今にして思えば やっぱりあの「江川事件」が大きかったのだと思う

名選手のプレーはビデオを廻す必要もなく心の中でしっかりと反芻することができる
王 長嶋全盛期の勇姿
野茂英雄 ドジャースでの日々
最近では 何といってもワールドシリーズでの松井秀喜だろう
小林繁が阪神に移った'79年の活躍もそれらに引けを取ることはない
世界で一番やせっぽっちで負けず嫌いのピッチャーは22勝をあげ最多勝となった

体格に恵まれなかった分 技術と思考で勝負するプレーヤーだった
それは これから指導者として若者達にたくさんの宝を伝えられたということでもあった筈だ
二重の意味で残念でならない

小林さん 貴方のサイドスローは本当に格好良かったよ_
 


d0060251_18393494.jpg

[PR]

by hirokimafuyu | 2010-01-18 03:00 | SPORTS | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 13日

恋文

やっと年賀状の返事を書き終えた
寒中見舞いになってしまったが ポストに投函できてホッとしている

これはその賀状に使ったもの
いつか必ずこのタッチで漫画を描いてみたいと思っている
都会の雑踏を舞台に残酷で切ない恋物語を書いてみたい

下書きから色塗りまでで20分
これなら週刊誌連載だってできるんだけど、、、

d0060251_2892.jpg

[PR]

by hirokimafuyu | 2010-01-13 01:13 | POP ART | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 12日

夜の図書館

昨日と今日 市の中央図書館で仕事をした
昼から閉館の夜10:00近くまで
5階 勉強室のかたわらで下絵を描いていた

私は図書館が好きだ
家での作業にダレを感じ 気分を変えたいときは図書館に行く
静かで程良い緊張感に溢れ 何か資料の探し物をする上でもこれほどの環境はない
iPodでアンビエントミュージックを薄く流し本の間を漂う幸福感
今日は ENOの'Thursday Afternoon'をリピートしていた

写真は夜の館内_
閉館間際で閑散としているが
昼間は人で溢れかえり それでも静寂は保たれていた
素晴らしいと思う

受験生達はまだ勉強を続けている

d0060251_1123013.jpg
d0060251_1124667.jpg

[PR]

by hirokimafuyu | 2010-01-12 01:13 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 06日

空の写真

最近 出かける時は必ずカメラを持って行くことにしている
3日の日記にも書いたように 空の写真に凝り始めたからだ
空に雲があるのは当たり前と思っていたけれど
意識を持って眺めて見るとその表情の豊潤さに驚くばかりだ

そのきっかけになったのがこれ
昨年 関西を小旅行したときのもので
奈良から京都へ向かう列車の車中からシャッターを押した

巨大な生き物が悠然と空を泳いでいるようだった


d0060251_854502.jpg

[PR]

by hirokimafuyu | 2010-01-06 09:03 | 空の写真 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 04日

初詣

私の家から北に5分程上がると たまらん坂がある
昨年5月に亡くなった忌野清志郎が歌に唄った'多摩蘭坂’だ
5月2日以降 しばらくここに花が絶えることはなかった

私は5月9日’青山ロックンロールショー’と題された葬儀式に参列した
故人が望んだことかは知らないが 長い列を2時間近く待って歌声が響く式場で献花をした時よりも
この小さな祭壇のほうが清志郎を身近に感じることが出来た

1枚目の写真がその頃のもの
2枚目は昨日1月3日のものだ

直接会うことはなかったけれど 私は清志郎から沢山のものを貰ったと思っている
心に棲みついた歌の数々は 日々の暮らしの中 突然鳴り始めることがある
何かが琴線に触れたとき 脳内で再生されるのだ
それはいつだって癒しや勇気につながっていく
似たような人は大勢いることだろう
清志郎が亡くなったとしても彼を失った訳ではないのだ
改めて合掌

5月になれば再びここはお花畑のようになるだろう
その頃 また写真をUPしよう_
d0060251_1244633.jpg
d0060251_125663.jpg

[PR]

by hirokimafuyu | 2010-01-04 12:09 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 03日

Happy New Year 2010

新年明けましておめでとうございます

昨年一度しか日記が書けず
'心配されるからたまには更新しなさい’という忠告を方々からいただきました
特に何があった訳ではないのですが
仕事が恒常的に遅れていてBlogを書く気分になれなかったのです
今年はもっと気楽にTwitter気分で書いてみようかと思っています
まあ どうなるかは分かりませんが よろしくお願い致します

UPした写真は元旦 '初日の出’を撮ったものです
仕事の関係で雲の資料が必要となり 昨年末から空の写真を撮り始めたのですが
刻一刻と変化していく表情にすっかり魅了されてしまいました
改めて自分が かけがえのない時間と幸運の元で生かされていることを感じられたからです

場所は近くの団地の5階の踊り場
ここからの展望が好きで良くお邪魔しています
不審者と思われないか それが心配で_
d0060251_1340976.jpg


こちらは その少し前 西の空に沈む月
静謐な美しさに暫し呆然
d0060251_14374843.jpg

[PR]

by hirokimafuyu | 2010-01-03 13:59 | 雑記 | Trackback | Comments(2)