Hiroki Mafuyu Blog

kquarter.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 17日

Sequential Arts_

目まぐるしい一週間が過ぎた

12月11日_
大腿骨骨折で実家近くの病院に入院中の母を見舞う
先月末トイレで転んでの事故
実家は4駅の距離なのに忙しさでなかなか見舞いに行けず家族に任せっぱなし
本当に申し訳なく そして感謝している
この日も徹夜明けの状態でフラフラと病院へ向かった
幸い手術後の経過も良好でホッとしている
夕方帰宅後6時間ほど睡眠を取って作画に戻る

12日_
そのまま一晩中仕事をして朝8:30に家を出た
10:00に銀座のホテルで来日中のアメリカのアート・カレッジSCAD(Savannah College of Art and Design)学生達へのレクチャーがあったからだ
これは昨年末に続き2回目のこと

彼等との出会いは昨秋 教授のRay Goto氏からメールをいただいたことによる
「アトランタのサバンナ・カレッジ・オブ・アート・デザイン、Sequential Art科の学生約20名と東京にマンガ・アートの勉強に行くので是非彼等と会って話をして欲しい、、、」
私はてっきり講師をしている学校の姉妹校かと思い教務部に確認したところそうではなかった
Ray Goto氏と銀座で会った際にまずそのことを聞いてみた
Timothy Lehmann著の「MANGA: Masters of the Art」アメリカ版で私を知りその後Web siteを観て依頼しようと思ったとのこと

「MANGA: Masters of the Art」が発売されて以来 北米からのメールが増えた
所謂ファン・メールだがどれも創作に対する質問が絡んでいて 複雑なものになると英作が滞りなかなか返信が出来ない
現在もカナダの大学生からのコアな質問が届いている
毎度の嘆きだが
今更ながらもっとちゃんと英語を学んでおくべきだったと悔やんでいる
ちなみにこういった質問を日本の読者から受けたことはない、この違いは一体何なのだろうか

話は前後するが私はSCADが漫画もアニメもゲームもSequential Arts(連続する美術_)として一括にして指導していることを面白いと思っている
私がしてきた仕事の殆どもここに含まれるからだ
イラストであろうが漫画であろうが大切なのはコンテンポラリー・ポップ・アートとしての鮮烈なイメージだろう
今の若い作家にとっては当たり前のことと思うが 私が20代の頃は同業者に漫画なのかイラストなのかどっちかにしろと何度もいわれたものだ


そして今年のレクチャー
昨年よりも人数が増えて49名
まず商業美術としての仕事について話しをする
次に持参した原画を見せながらのテクニック解説と質疑応答
いつもながら異文化圏の人達とのやり取りは楽しい
別角度からの自分を知る良い機会だからだ
予定の2時間はあっという間に過ぎた

この日は午後から東京の学校の授業がある為 終了後 駆け込むように地下鉄ホームへ
慌ただしさは一日中続き 最初の食事が取れたのが夜の8:00過ぎというありさまだった


12月14日_
同じくアメリカからの友人とのミーティング
昨秋10月ロサンゼルスで行われた「Bliss Express Show」
Nucleus GalleryのオーナーBen Zhu氏がスタッフや作家達数名と日本に来ていた
メールでは旅の目的は企画の打ち合わせと旧交を温めるためとのことだったが
出迎えた日本人作家4人も含め11名ともなれば宴会モードになってしまう
新宿「花炎」で七輪バーベキュー・パーティー

Benから来春Nucleus Galleryをもっと広い場所に移転する話が出た
既にかなりの準備が進んでいるようで何枚かの内部の写真を見せて貰った
確かにかなり広い
彼としては今回それを直接伝えたかったのだろうと思った
リセットをしてまた新しいことを企てているのだろう
Benがこちらに求めていることは何となく解るのでそれを具体化できるよう準備していきたいと思う
Nucleus Galleryのような現代マンガ・アートに的を絞ったギャラリーは珍しい
額装画・プリントの販売は勿論 ショップ・コーナーでの様々なアート・グッズ・そして世界中から集められたマニアックな専門書コーナー
それがただのオタク趣味にならずPOP ARTとしてのスリルを感じさせるのはBenのセンスの賜なのだと思う

そのBen Zhu一行に日系三世マンガ・アーチストのKazu KibuishiそしてPhil Cravenがいて
彼等が前述のSCAD学生達へのワーク・ショップに特別講師として参加したことをRayから聞かされていた

これは通訳の方が席を外していたときに聞いたことなので正直詳細までは分からなかったが
つまるところ 私のアメリカとの接点二つがいつの間にか繋がっていたことになる
縁を感じたというか何というか 驚いた顔をしているとRayが言った

「Hiroki、この世界は狭いんだよ_」



KazuとPhil に出会った時のことを書いておきたい
これは昨年の日記Bliss Express に書きそびれたことでいつか何かの折りでと思っていたことでもある

私が「Bliss Express Show」 に参画したのはイラストレーターとしてだが'
Showの翌日Benに
「実は漫画も描いてるんだよ、、、」とまだ発売前の『MANDALA』'Out Of The Blue'のプリントを見せたところ
彼がその場で電話をしてL.Aの友人漫画家達を呼んでくれたのだ

それが
Kazu Kibuishi
Phil Craven
khang Le だった




長くなったので今日はここまで
また続きを書きましょう

p.s.
写真は12日のレクチャーの時のもの
デビッド教授のblogより借用 _
Pic by David Duncan. Savannah College of Art and Design : Professor
Thank you!!!
d0060251_1204282.jpg
d0060251_1205528.jpg

[PR]

by hirokimafuyu | 2007-12-17 06:58 | POP ART
2007年 12月 11日

Suburban Knights_

約二ヶ月半ぶりの更新

相変わらず追われるような日々が続いている
予定が狂いまくりで幾つかの依頼をお断りした
スペインのギャラリーから話が来ているが条件面での英作文が難儀で交渉が停まっている

要因は未だ制作中のカラーコミック
サイレントで16枚を見せていくことがこれほど大変とは思わなかった
街の情景描写半ページ一コマに2週間かかった
どうやら二年越しの仕事になりそうだ、、、

移動用にノートパソコンを買った
新しいPCは楽しい
そこはかとなく幻想と希望も届けてくれる
でもテクノロジーが新しいイメージを生むわけではない


何処まで踏みこんで行けるか
何処で切り上げべきか_
それを教えてくれるソフトはない

一筋縄で行かないのは昔から
改めて自分は何年こんなことをやってきたのだろうと思う


でも落ち込んでいるわけでもない
確かに何かに触れている実感があるからだ



p.s.
この二ヶ月間で響いた音源、
何と言ってもUNDERWORLDの新譜:Oblivion with Bellsが素晴らしかった
ALEC EMPIREの新作:The Golden Foretaste of Heavenも良い
そしてHARD-FIというイギリスの新人バンドを好きになり始めている
セカンド・アルバム:ONCE UPON A TIME IN THE WEST
聴いていると切なさで胸をしめつけられるような瞬間があってたまらない

もっともっと今を伝える音に出会いたい
[PR]

by hirokimafuyu | 2007-12-11 02:45 | 雑記