Hiroki Mafuyu Blog

kquarter.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 30日

夜桜

地元の「Live house 地球屋」に友人のBANDを観に行く

昼間_担当編集者と話をして週明けまで締め切りを延ばして貰った
少し余裕が出来たので息抜きをすることに_

友人の勝部和喜男氏は同世代のカメラマン
トリオのブルース・ロックを演っていることは聞いていたが
実際にLIVEを観るのは初めてだ

出番に合わせて夜の8:00に家を出る
駅前_大学通りの桜はすでに満開
夜桜はいつ見てもぞっとするような美しさがある

LIVEは「50年前の音楽を35年前のスタイルで演奏する」と本人が話していた通りの展開
屈託のないスリー・コード・Rock'n'Roll
途中 ジミヘンやストーンズのカバーが混ざる
Watch towerのギターソロを完コピーで演るからたまらない
気分は一気に高校時代へ
学校をサボって吉祥寺のROCK喫茶に出入りしていた頃を思い出した

徐々にゆったりとしたグルーブが生まれていく
前座を務めた若いBAND少年達からも歓声が上がる

気負いのない_そして嘘のない音
同時代に育ったからこそ分かる音楽へのリスぺクト
ふと個人が自然体で楽むことこそが 今の時代一番の反抗なのではないかと思う

演奏が終わりひとくさり言葉を交わして店を出た

そこは満開の桜並木
気取りの無い自然の美に立ち尽くす
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-03-30 00:49 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 28日

筆使いの呼吸 2

3月22日の日記にも書いた「筆使いの呼吸」を思い知らされている

広い画面の絵を描いているせいだろうか
筆の押し引きは本当に難しい


いつまで経っても手慣れることがない

良いのか悪いのか_
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-03-28 15:45 | POP ART | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 27日

ドツボ

PLACEBO<プラシーボ >の新譜_MEDSについて書きたいのですが
今_作画でドツボにはまっている状態です

余裕が出来たら改めてレビューを書きたいと思っています
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-03-27 21:06 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 24日

SISTER RAY

夕方 気分転換がてら国立駅前へ
自転車で街を走るのが気持ち良い
もうすっかり春の気分だ

いつものように食事をして 駅前のdisk unionへ
出たばかりのPLACEBO<プラシーボ >の新譜を買う
私はブライアン・モルコの天然グラム声とメロディが好きだ

他に何か_と店内を物色
中古盤のコーナーでTHE VELVET UNDERGROUNDのブートを見つける

悲しいくらいチープなジャケットに
"LIVE AT THE BOSTON TEA PARTY, MARCH1969"とある

裏の曲目を見て驚く
7)SISTER RAY

公式のLIVEアルバムに1969年の音源があるがSISTER RAYは収録されていない
他にも
3)CANDY SAYS
9)I'M GONNA MOVE RIGHT IN
10)I'M SET FREE
11)RUN,RUN,RUN,
と今までLIVE盤で聞いたことのない曲がクレジットされている
値段を見れば500円_
ジャケットだの音質だの迷う値段ではない


今 それを聴きながらこれを書いている

勿論この時期_ジョン・ケールはいない
ダグ・ユールがベースを弾いているのだが やたら音数が多く センスのないジャック・ブルースみたいだ
釣られるように冗漫なギターソロが続く
やはりBANDの末期だったせいだろうか 何となく投げやりな印象がする

それでもCANDY SAYSは素晴らしい
いつもながらルー・リードの声は麻薬のようだ

VELVET UNDERGROUND のLIVEを聴く度に思うことだけど
この時代この場で実際見聞きした人達は一体何を感じていたのだろうか
けっして聞きやすい音ではなかった筈だ

ここにあるのは生の暴力と処女の抱擁_


安酒と紫煙の中でこの音像を体験した者達にいつも嫉妬する



d0060251_1852428.jpg
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-03-24 20:23 | 音楽 | Trackback | Comments(3)
2006年 03月 23日

感じるもの

絵を描いていて何が楽しいか_
一つには「気づく」ということがあります

発見と言っても良いでしょう

技術的なことから原理・原則に至るものまで
何かしらの意味に触れることはスリリングです
逆にそれがないとただ仕事としての行為になりあまり楽しくありません

今日は早朝から絵を描いていて感じるものがありました


何よりのことです
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-03-23 09:25 | POP ART | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 22日

筆使いの呼吸

一枚の絵には
鍛錬に筆を重ねて仕上げなければならない部分と
一気に集中して描き上げなければならない部分が必要です

筆使いの呼吸_
といっても良いでしょうか

このバランスを失うとただ丁寧なだけの絵になり緊張感がなくなります

頭では解っていることですが
未だに上手く出来ません

絵を描くことの喜びと難しさを感じています
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-03-22 21:29 | POP ART | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 21日

WBC 優勝

3月13日の日記にも書いたワールド・ベースボール・クラシックです
正直 優勝は信じられない思いがあります

審判の問題とか組み合わせのこととかおかしな点はあったけど
よくぞ最後まで勝ち抜きました

王監督の采配も素晴らしかったですね

鍛え上げたスポーツ選手が無心に闘う姿は本当に美しい
久しぶりに野球に興奮しました
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-03-21 15:30 | SPORTS | Trackback | Comments(1)
2006年 03月 19日

田中 光 幻想画展

田中 光氏の個展に行く

氏の作品は出版メディアを通じ何度も目にしているが
初めて観る原画の色彩の奥深さに驚く

ご本人から直接手法を聞くが
それが何故こうなるのか理解しきれなかった

私にとってはその色彩感覚こそがFANTASY

パーティーで田中氏がギターを弾き歌う
トラッドフォークを聞けたことも素晴らしかった

優しい絵と
強い作家の思いに触れた至福の夜


会期は3月21日(火)まで
興味をお持ちの方は是非
http://members.jcom.home.ne.jp/hicarut/cstlndlr/cstlndlr.html

[PR]

by hirokimafuyu | 2006-03-19 18:24 | POP ART | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 15日

卒業式

昨日_卒業式に出る

自分が見てきた生徒達が社会に巣立つ場に居合わせたことを幸福に思う

色紙に寄せられた言葉の数々に熱くなる
私はそれほどのものではない

改めてしっかりしなければと引き締まる思いがする
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-03-15 05:08 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 13日

WBC

早朝ワールド・ベースボール・クラシックを観る

正に惜敗 日本チームは良くやりました
これだけ真剣勝負での日米対決は初めてのこと
サッカーのワールドカップ程の興味は無かったけれど
改めました
何とか二次リーグを勝ち抜いて欲しい

次はメキシコ戦

王さん頼みますよ
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-03-13 09:27 | SPORTS | Trackback | Comments(3)