カテゴリ:Bliss Express( 10 )


2006年 10月 13日

L.A.旅行記1『Bliss Express Show』

5年ぶりのL.A

目的はNucleus Galleryでの『Bliss Express Show』オープニング・レセプション・パーティーへの参加
初めての海外での展示会_

会場のNucleus Galleryはダウンタウンから車で約20分ほどに位置する
Alhambra, 30West Main Street
東京でいえば郊外多摩地区のような佇まい
低層の建物が連なる長閑な風情に私の生活圏 国立市の町並みを思い出す
併せてアジア系の人達が多く住む土地柄のようで
道行く中国系少女達を見ていると一瞬外国にいることさえ忘れてしまいそうだ
ギャラリー・オーナーのベンさんもチャイニーズ・アメリカン
そこでで働く人達も白人 、中国系、日系、と様々だ
そして何よりも皆若いことに驚く
それはパーティーに来た人達にも強く感じたこと
様々な肌の色の若者達
L.A が人種の坩堝の街であることを改めて実感する


10月7日 pm7:00_
3週間に渡る『Bliss Express Show』のオープニング・パーティーが始まった
入り口のショップ・フロア_ D.Jの青年が大音量でリズムを紡ぎ出す
その音に導かれるように沢山の若者達が店に入ってきた
学校の教室ほどのショップ・スペース
世界中から掻き集めたようなPOP ART関連の本が所狭しと並べられている
Tシャツ・グッズ類、そしてポスター&アート・プリント
胸が痛むようなオタクものは見あたらない

D.Jミュージックの重低温が腹に響く
出来たての『Bliss Express』本を立ち読みしながらリズムを取る若者達
何だかそれを見ているだけで気分が昂揚して来る

ショップの奥 黒幕で仕切られた1・2階がギャラリー・スペースだ
今回の『Bliss Express』収録作家約20人の作品が展示されている
私は代表作5点のPRINTを用意した
前日の6日 L.A到着後にギャラリーに出向き
一ヶ月前に日本から送った画像ファイルの出力確認と色補正をした
遅い時間まで細かい調整につき合ってくれたベンさんとスタッフにはとても感謝している
おかげで素晴らしいプリントを展示することが出来た

気がつけばギャラリー・スペースまで人の波が
誰彼ともなく絵の質問が飛んでくる
残念ながら私の英語は拙い
しかし絵と音楽に関する会話は不思議と通じているようだ_

こうしたフランクな会場ながら一定の緊張感も保たれている
オーナーであるベンの理念が行き渡っているからだろう

ギャラリー2階奥に設けられたBARブースではヴィクターが客達にドリンクを振る舞っている
ヴィクターはスタッフの中でも最も若い17才
滞在中 彼とは特に仲良くできた
中国系アメリカ人のヴィクターはアーチストの家庭に生まれたそうだ
お父さんは一年を通して中国のスタジオとL.A を行き来して仕事しているという
ヴィクターも父上に負けない作家になる為の野心を持っているのだろう
絵と音楽について こちらの胸に染み込むような言葉を投げかけてくる

pm8:00を過ぎて『Bliss Express』を企画・編集したアルシア(Althea)が会場に現れた
ゆっくり話をしたいと思うが会場が騒がしくてままならない
それでもこの企画に呼んで貰えたことのお礼をする
私がL.Aまで来た一番の理由はそのことだったからだ


急遽 合同サイン会が行われることになった
本を買ってサインを求める人達で収支がつかない為だ

スタッフが慌ただしくテーブルの準備をする

今回オープニング・パーティーに参加した作家は6名
日本からは私と、こんどうあや、上田風子、
サンフランシスコから Ogi、
ニューヨークからは Marcos Chin、 Yuko Shimizu、
特設されたテーブルで若者達と話しながらサインをする

一旦人が引くと作家同士お互いの仕事の話をする
仕事のジャンル・舞台・国が違っても自営業者共通の話題に事欠くことはない_


pm10:00を過ぎても人の波が収まる様子はない
入れ替わり立ち替わり
一体今夜何人ここに来たのだろう

中には階段を駆け上がってBARブースのドリンクを奪い嬌声を上げながら走り去っていく若者もいる
しかし誰もそれを咎めたりはしない
今日はお祭りの夜なのだ
自分が今 世界で一番平和な場所にいるような気分になってきた_

スタッフのダイアナに声をかけられChristian Lorenz Scheurer氏とその奥様を紹介される
http://www.christianlorenzscheurer.com/

『Bliss Express』を買って私と話をしたいとのこと
最初日米バイリンガルのダイアナに通訳して貰うが途中からは直接二人で話す
絵の用語は万国共通のようだ
氏の絵本「ENTROPIA」がショップ・フロアで売られていたので購入
ダークなコミック調センスが光る作品で今度は私が彼に質問をぶつけてみる

帰国後WEB SITEのメールアドレスからメールを送ることを約束
握手をして分かれる
二人のやり取りを見守っていた奥様の優しい目が印象的だった


 嵐のような一日_
 パーティーは深夜11:30に終了した


スタッフ達と遅い夕食を取りに行く
「WE NEVER CLOSE」と決意表明の様なロゴが書かれたファミリー・レストランへ
木版画家の こんどうあやがそれを見て
「24時間営業って書くより気が利いてるよね」
「これはBlogのtopに使えるかも、、、」 とかいいながら写真を撮っている

料理は今回L.A に来て一番大味大量盛り_
MENUに‘アラスカ・サーモン添えスパゲッティ’と書かれた料理を頼んだら
何のてらいもなく大盛りスパゲッティの上に馬鹿でかいサーモン・ソテーが乗っていた(写真参照_)
頑張って食べてみたもののあえなく降参、、、やはりここはアメリカなのだと妙に納得する

霊力が強いこんどうあやにヴィクターが前世を占って貰っている
通訳のダイアナを挟んで神妙な顔をしている

私も明日占って貰う約束をした
何となく楽しみなような恐いような気分だ_

帰りはヴィクターが私をホテルまで送ってくれることになり彼の車へ
ところが途中音楽の話で盛り上がりヴィクターが道を間違える
旅行本Mapを引っ張り出し 道を再確認してam3:00過ぎにやっとホテルに到着した

直ぐに熱いシャワーを浴びてBEDへ
しかし体はくたくたなのに興奮が残っていて寝つけない
長い一日 沢山のことが頭を駆けめぐっている

幸せな時と優しい人達
これもアメリカの側面なのだ

全てが私の想像を超えていた
今夜のことを決して忘れることはないだろう


心の中で小さく感謝を唱えた

新しいスタートが切れたこと


そして新しい友人達が出来たことを_



d0060251_2140972.jpg
d0060251_21403260.jpg
d0060251_21404716.jpg
d0060251_2141199.jpg
d0060251_21411325.jpg
d0060251_21412670.jpg
d0060251_6542100.jpg
d0060251_6541550.jpg

[PR]

by hirokimafuyu | 2006-10-13 21:42 | Bliss Express | Trackback | Comments(3)
2006年 10月 10日

Back home_

先程 帰って参りました

正味三日間でしたが充実した日々を過ごすことが出来ました
後日_こちらに旅日記を書くつもりです



d0060251_23373181.jpg
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-10-10 23:37 | Bliss Express | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 03日

Bliss Express 2

約ひと月ぶりの更新_

相変わらず追われるような生活
10月6日に出発するL.A.行の準備も始まった
私は基本的に出不精だ
まして海外は5年ぶりで忘れていることも多く 初歩的なことを人に聞いては笑われている
9月25日にイラストの仕事をひと区切りしてからこうした雑事ばかりの毎日が続いている

気になっていたHP_Informationの更新もやっと終えた
http://hirokimafuyu.com/page/information.html
そのことではカナダのAltheaからもメールが来ていたので少しホッとしている
_
Please announce, as soon as you can, on your website and mailing list
that the Bliss Express book launch party and art show is going to open
on Oct 7th and that everyone is invited. Just a brief description and
a link to guupress.com will do nicely.

Your announcement is very important for drumming up even more
anticipation and publicity for Bliss Express. Let your collectors,
fans, and viewers know about this event and help make it an amazing
night for everyone come Oct 7th.

Bliss Express will become a real success only with your support.
I hope to see Bliss Express on your website soon. Thank you!

確かにここのところアメリカからのファンメールが増えている
おそらくTim Lehmann氏の「Manga: Masters of The Art」に「月の娘/MOON CHILD2055」を描いたこともあるのだろう
http://budplant.com/product.asp?pn=MNG&bhcd2=1159784423
http://www.comicon.com/cgi-bin/ultimatebb.cgi?ubb=get_topic&f=36&t=004502
メールの内容は単純に作画テクニックに関する質問から
「貴方が長い間夢を諦めずに続けてこれた秘訣は何ですか?」
なんてものまである(苦笑

先日はアトランタのSavannahデザイン美術学校教授氏から
「自分が教えているコミック科のセレクトされた学生10人と12月にTOKYOに行くので 
 彼等と会って貴方の経験を話してあげて欲しい_」という非常に丁寧なメールをいただいた
一体私を何だと思っているのだろう
会った時に貴方達が思っているほどの実績を残しているわけではありませんよと言うべきか、、、

以前書いたように私は18から30才まで職業漫画家をしていた
自分のやり方ではとても商業的に通用しないことでイラストレーターに「職」を変えた
それ以降 私の名刺の肩書きはずっとイラストレーターだ

もちろん漫画を辞めたわけではなくイラスト仕事の合間にコツコツと描いている
不思議なのは漫画家時代よりも制作本数は激減しているのに作家としての評価は上がったことだ
生活はイラストレーターと美術講師としての自分が賄っているので漫画に対して納得行くまで描けるのが良いのかも知れない


今年も一本漫画を描いた

「週間モーニング」創刊25周年記念増刊号
A4版型全ページカラーというという豪華本にAPPLESシリーズの新作8Pが掲載される
発売は今のところ新春あたりとのこと
これについては正式に発売日が決まった時点で改めて詳細を書くつもりだ

世界中から絵の上手い作家だけを選んだという企画
フランス・イタリア・中国・シンガポールetc...
日本人作家は5・6人
声をかけていただいたことを光栄に思う


10代の頃に夢想した_

将来 別にお金持ちでなくても良いから自分の好きなものを描いて生活したい
その自分が仕事をしていく上で世界中に少しずつ理解あるファンを持てるような作家になりたい


野心を問われれば今もこのままだろう

これ以上でも以下でもない


ロサンゼルスではどんな出会いがあるのか


帰ってきたら報告します_




d0060251_7313319.jpg
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-10-03 07:02 | Bliss Express | Trackback
2006年 08月 30日

L.A. in October

ロサンゼルスに行くことを正式に決めました

前回の日記に書いた後
作家仲間やファンの方達から是非行くべきというメールをいただきました

3泊5日の小旅行ですが気分転換も含めて行って来ます

約3週間の展示会
ギャラリー側の話では初日のレセプション・パーティーに相当数の来客を見込んでいるとのこと

何となく胸が躍る

ロサンゼルスは2001年1月以来でその時も仕事がらみでした
私にとってL.A.はそういう街なのでしょう


刺激的な出会いを期待しています_
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-08-30 21:19 | Bliss Express | Trackback | Comments(11)
2006年 08月 12日

Bliss Express

カナダの出版社が今秋北米向けにアジア系アーティスト21名を特集したイラスト画集
『Bliss Express』を出版する
私も画像10数点とインタビュー記事が掲載される

約一年前HPのアドレスから依頼があった

以来翻訳ソフトを使ってのやり取り
特に大事な用件は先方が通訳を介しての国際電話 etc、、、

色々大変だったけど
先日プレビューデザインがpdf.ファイルで送られて来て気分が晴れた


美しい装幀
作家達のクオリティとバランスが素晴らい
中国・韓国・日本そしてフランス・北米からも_
ある意味これから世界のPOP ARTの雛形になるような布陣にも思える
自分の絵も改めて新鮮な気分で見ることが出来た


10月にロサンゼルスのギャラリーを使って出版記念の展示会が行われるとのこと
私の画像プリントも展示販売される
初日にプレス関係を招待してレセプション・パーティーが催される模様
実はこのことは春から誘われていてずっと悩んでいた

しかし今 何とか時間を調整してLAに行ってみようかと思っている

レセプション・パーティーはきっと楽しいだろう
北米での仕事に繋がる機会もあるだろう
でも何よりもこの企画に誘っていただいた編集長のAltheaさんにお礼を言いたい気持ちがある


異国に代表作の画像を送ることではこちらも慎重になり契約書内容の確認・希望・修正などは細かいところまでやり取りを続けた
バンクーバーが深夜の時間帯に2時間近く電話で話をしたこともある
彼女も実に粘り強く対応してくれた


とても感謝している


Altheaにお礼を言わなければならない_



p.s.本が出版されたら改めてHPとこのBLOGで紹介したいと思っています
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-08-12 16:09 | Bliss Express | Trackback(1) | Comments(0)
2006年 01月 30日

24works

今朝 カナダへの送信を終える

24点のイラストファイル
その中から先方が10数点を選んで本に載せることになる

貫徹の送信作業が終わったのが午前10:00
補足のビジネスメールを書くのに約2時間
それから1時間だけ寝て3時から駅前のロージナ茶房で打ち合わせ
こちらも今年上半期の大切な仕事

駅で担当編集者氏とお別れして
改めて気を引き締める

始まったばかりの今年がもうバタバタと音を立てている
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-01-30 21:57 | Bliss Express | Trackback | Comments(0)
2006年 01月 29日

新しい音を

カナダへのFTP送信が上手くいかず
友人のイラストレータ 加藤龍勇氏に助けて貰う
電話でアドバイスを1時間ほど

いつものことながらとても感謝!
TEST送信をしてみるが先方の出版社が休日で反応なし
早く週が明けて欲しい

気がつけばまた引き籠もり状態

初期のBOB DYLANとDAVID BOWIE
80年代のLOU REED
それと日本のはっぴいえんどを繰り返し聞いている

名作ばかりだがこれではいけない
新しい音を探しに行かなくてはならない

真に先鋭的な音を聞きたい

誰が今を鳴らしているんだ
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-01-29 05:00 | Bliss Express | Trackback | Comments(0)
2006年 01月 26日

英語で言い訳

カナダの出版社からイラスト・ファイルの催促メール
25日までにFTPで送れとのこと

言い訳をしなければならない

タノムカラ コンゲツイッパイ マッテクダサイ

翻訳ソフトで上手く訳せるか?
何とかしなければ

でも今日はもうくたくた
言い訳は明日にしよう

向こうは明日も25日だ
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-01-26 00:44 | Bliss Express | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 08日

Transformer

同じ日付で日記を書くのは初めてです
前の日記を書いてさあ今日の仕事に入ろうと思った矢先に
電話が鳴りました

10月12日の日記で書いたカナダの出版社からです
あれからひと月近く契約内容の詰めをしていたのですが
どうしても細かい突き合わせが出来ず
先週末のメールでTranslatorを交えて電話で話をしようということになりました

で_2時間半

終わった時 向こうは深夜の3時過ぎだったそうです
先方の編集者は東洋系のカナダ人女性
通訳をしてくれたのは日本人の青年です

やはり相手の声を聞いて話が出来るのは安心しますね
Altheaさん白石さんお疲れさまでした

私も_
気分転換でこれを書いています


さあこれから仕事をしなければ

描き手へのTransform
[PR]

by hirokimafuyu | 2005-11-08 19:54 | Bliss Express | Trackback | Comments(2)
2005年 10月 12日

カナダからの手紙

お久しぶりです

大分過ごしやすくなりました
おかげで私は少々風邪気味です(笑

今は個展用のイメージを作っています
テーマを決め
何枚かのラフを試し
その中から選んだものをこれから作画します

上手くいくと良いのですが

何とか3点の描き下ろし作を展示したいと思っています


それと最近カナダの出版社とメールのやり取りをしています
HPを通じてのオファー
外国の会社と自分が直接交渉するのは初めてのことなので少々緊張します

実は昨年もこの会社からイラストの依頼があったのですが
こちらが忙しい状態でとても受けることが出来ませんでした

今回も先方の言う〆切と個展の準備の追い込み時期が重なったため
一度はお断りしました
そうしたら2ヶ月間猶予するとの返事があり
今 具体的に条件面などでの細部を詰めています

決まれば描き下ろしも含め新旧併せて10点ほどの絵が掲載されます

仕事をしながらビジネス用英作文を書くのは大変ですが
今後のためにしっかりやっていこうと思っています
[PR]

by hirokimafuyu | 2005-10-12 18:33 | Bliss Express | Trackback | Comments(2)