Hiroki Mafuyu Blog

kquarter.exblog.jp
ブログトップ

2007年 07月 22日 ( 1 )


2007年 07月 22日

不器用ですから_

久しぶりにデジタルで漫画を描いている

『MANDALA』の続編コミック、カラー16P
私にとってフルカラー16枚は大変な枚数だ、
久しぶりのタブレットとペインター・ソフト
忘れていることも多く友人に電話をかけ初歩的な質問をしたりしている

先々週で講師の仕事が夏休みに入った
以来 新宿歌舞伎町に取材写真を撮りに行ったくらいで
あとは引き籠もりで仕事をしている

いつもながら漫画を描くのは楽しくも難しい
新作の度に必ず未知の問題が生じ今までの自分の経験では補えないことが起こってくるからだ
大変だけどそこに創作の醍醐味があるのだと思う
新しい手法というか、新鮮な考え方が必要なのだ

昔 私の漫画の師に当たる方が
「プロは出来ることしかやらないが、アマチュアは出来ないことをやろうとする_」
と言っていたのを思い出した

それでも当の本人が新しい画風を作る上で苦しみながら描いていた
当時高校生の私にとってその姿は鮮烈に記憶に残っている
プロの作家はさくさく機能的に仕事を進めるものとばかり思っていたからだ
当たり前のことながらものを作るのは簡単なことではない
悩んだり不器用でも良いのだ、
要は結果として何を残せたかだろう

やはり昔 横尾忠則がイラストレーション誌のインタビューで語っていたこと
「ぼくは自分自身で誰もやってない仕事を作って、それを見たいんです_」

二十歳の私は何度も読み返し、自分もそうありたいと願った

それは今も続いている
[PR]

by hirokimafuyu | 2007-07-22 23:43 | POP ART