Hiroki Mafuyu Blog

kquarter.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 13日

L.A.旅行記1『Bliss Express Show』

5年ぶりのL.A

目的はNucleus Galleryでの『Bliss Express Show』オープニング・レセプション・パーティーへの参加
初めての海外での展示会_

会場のNucleus Galleryはダウンタウンから車で約20分ほどに位置する
Alhambra, 30West Main Street
東京でいえば郊外多摩地区のような佇まい
低層の建物が連なる長閑な風情に私の生活圏 国立市の町並みを思い出す
併せてアジア系の人達が多く住む土地柄のようで
道行く中国系少女達を見ていると一瞬外国にいることさえ忘れてしまいそうだ
ギャラリー・オーナーのベンさんもチャイニーズ・アメリカン
そこでで働く人達も白人 、中国系、日系、と様々だ
そして何よりも皆若いことに驚く
それはパーティーに来た人達にも強く感じたこと
様々な肌の色の若者達
L.A が人種の坩堝の街であることを改めて実感する


10月7日 pm7:00_
3週間に渡る『Bliss Express Show』のオープニング・パーティーが始まった
入り口のショップ・フロア_ D.Jの青年が大音量でリズムを紡ぎ出す
その音に導かれるように沢山の若者達が店に入ってきた
学校の教室ほどのショップ・スペース
世界中から掻き集めたようなPOP ART関連の本が所狭しと並べられている
Tシャツ・グッズ類、そしてポスター&アート・プリント
胸が痛むようなオタクものは見あたらない

D.Jミュージックの重低温が腹に響く
出来たての『Bliss Express』本を立ち読みしながらリズムを取る若者達
何だかそれを見ているだけで気分が昂揚して来る

ショップの奥 黒幕で仕切られた1・2階がギャラリー・スペースだ
今回の『Bliss Express』収録作家約20人の作品が展示されている
私は代表作5点のPRINTを用意した
前日の6日 L.A到着後にギャラリーに出向き
一ヶ月前に日本から送った画像ファイルの出力確認と色補正をした
遅い時間まで細かい調整につき合ってくれたベンさんとスタッフにはとても感謝している
おかげで素晴らしいプリントを展示することが出来た

気がつけばギャラリー・スペースまで人の波が
誰彼ともなく絵の質問が飛んでくる
残念ながら私の英語は拙い
しかし絵と音楽に関する会話は不思議と通じているようだ_

こうしたフランクな会場ながら一定の緊張感も保たれている
オーナーであるベンの理念が行き渡っているからだろう

ギャラリー2階奥に設けられたBARブースではヴィクターが客達にドリンクを振る舞っている
ヴィクターはスタッフの中でも最も若い17才
滞在中 彼とは特に仲良くできた
中国系アメリカ人のヴィクターはアーチストの家庭に生まれたそうだ
お父さんは一年を通して中国のスタジオとL.A を行き来して仕事しているという
ヴィクターも父上に負けない作家になる為の野心を持っているのだろう
絵と音楽について こちらの胸に染み込むような言葉を投げかけてくる

pm8:00を過ぎて『Bliss Express』を企画・編集したアルシア(Althea)が会場に現れた
ゆっくり話をしたいと思うが会場が騒がしくてままならない
それでもこの企画に呼んで貰えたことのお礼をする
私がL.Aまで来た一番の理由はそのことだったからだ


急遽 合同サイン会が行われることになった
本を買ってサインを求める人達で収支がつかない為だ

スタッフが慌ただしくテーブルの準備をする

今回オープニング・パーティーに参加した作家は6名
日本からは私と、こんどうあや、上田風子、
サンフランシスコから Ogi、
ニューヨークからは Marcos Chin、 Yuko Shimizu、
特設されたテーブルで若者達と話しながらサインをする

一旦人が引くと作家同士お互いの仕事の話をする
仕事のジャンル・舞台・国が違っても自営業者共通の話題に事欠くことはない_


pm10:00を過ぎても人の波が収まる様子はない
入れ替わり立ち替わり
一体今夜何人ここに来たのだろう

中には階段を駆け上がってBARブースのドリンクを奪い嬌声を上げながら走り去っていく若者もいる
しかし誰もそれを咎めたりはしない
今日はお祭りの夜なのだ
自分が今 世界で一番平和な場所にいるような気分になってきた_

スタッフのダイアナに声をかけられChristian Lorenz Scheurer氏とその奥様を紹介される
http://www.christianlorenzscheurer.com/

『Bliss Express』を買って私と話をしたいとのこと
最初日米バイリンガルのダイアナに通訳して貰うが途中からは直接二人で話す
絵の用語は万国共通のようだ
氏の絵本「ENTROPIA」がショップ・フロアで売られていたので購入
ダークなコミック調センスが光る作品で今度は私が彼に質問をぶつけてみる

帰国後WEB SITEのメールアドレスからメールを送ることを約束
握手をして分かれる
二人のやり取りを見守っていた奥様の優しい目が印象的だった


 嵐のような一日_
 パーティーは深夜11:30に終了した


スタッフ達と遅い夕食を取りに行く
「WE NEVER CLOSE」と決意表明の様なロゴが書かれたファミリー・レストランへ
木版画家の こんどうあやがそれを見て
「24時間営業って書くより気が利いてるよね」
「これはBlogのtopに使えるかも、、、」 とかいいながら写真を撮っている

料理は今回L.A に来て一番大味大量盛り_
MENUに‘アラスカ・サーモン添えスパゲッティ’と書かれた料理を頼んだら
何のてらいもなく大盛りスパゲッティの上に馬鹿でかいサーモン・ソテーが乗っていた(写真参照_)
頑張って食べてみたもののあえなく降参、、、やはりここはアメリカなのだと妙に納得する

霊力が強いこんどうあやにヴィクターが前世を占って貰っている
通訳のダイアナを挟んで神妙な顔をしている

私も明日占って貰う約束をした
何となく楽しみなような恐いような気分だ_

帰りはヴィクターが私をホテルまで送ってくれることになり彼の車へ
ところが途中音楽の話で盛り上がりヴィクターが道を間違える
旅行本Mapを引っ張り出し 道を再確認してam3:00過ぎにやっとホテルに到着した

直ぐに熱いシャワーを浴びてBEDへ
しかし体はくたくたなのに興奮が残っていて寝つけない
長い一日 沢山のことが頭を駆けめぐっている

幸せな時と優しい人達
これもアメリカの側面なのだ

全てが私の想像を超えていた
今夜のことを決して忘れることはないだろう


心の中で小さく感謝を唱えた

新しいスタートが切れたこと


そして新しい友人達が出来たことを_



d0060251_2140972.jpg
d0060251_21403260.jpg
d0060251_21404716.jpg
d0060251_2141199.jpg
d0060251_21411325.jpg
d0060251_21412670.jpg
d0060251_6542100.jpg
d0060251_6541550.jpg

[PR]

by hirokimafuyu | 2006-10-13 21:42 | Bliss Express | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://kquarter.exblog.jp/tb/3999044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Ninomiya at 2006-11-08 19:24 x
お久しぶりです。

当たり前のことですが先生の作品が世界レベルで通用する、というか我が国が胸をはって誇ることのできるかけがえのない財産なのだと再認識させられます。
『Bliss Express』、amazonで同名の商品がヒットしたのですが画像がないために本当にこの『Bliss Express』なのか分からず購入をためらっています(笑)

ブログ中の『重力が衰えるとき』の表紙絵、大好きです!
これは『Bliss Express』の中の一ページでしょうか?
Commented by hirokimafuyu at 2006-11-11 01:37
Ninomiya様_
コメントありがとうございます。

『Bliss Express』日本での購入について_
色々と問い合わせが来ているのですが、どの方法が一番迅速で確実なのか、、、
現在、それを確認するだけの時間の余裕がありません。
私も気になっているので、仕事が一区切りしたら調べてみます。
お急ぎであれば 出版元に問い合わせるのが良いでしょう。
http://www.guupress.com/

もし何か分かったらHPのメールアドレスからご連絡いただけますか。
よろしくお願い致します。

p.s.
ブログ中の『重力が衰えるとき』の表紙絵は
『Bliss Express』に収録されたものです_
Commented by Ninomiya at 2006-11-12 14:41 x
レスありがとうございます。

教えて頂いたGUU PRESSのサイトで通販受付してました。

先月、最近はやりの「アフィリエイト」と云うものをやってみようと楽天に新規にブログ開設してみました。
http://plaza.rakuten.co.jp/wrlztzdr/

誠に僭越ながら先生の『LOUISE』、『ETIQUETTE OF VIOLENCE』等を11月8日の記事で紹介させて頂きました。


<< Concept Desigh      Back home_ >>