「ほっ」と。キャンペーン
2006年 07月 29日

葬儀の日

高校時代のクラスメートの通夜に出席

演劇をすればお姫様役が誰よりも似合う美しい人だった

3年前から体調を崩していたらしく
今春の同窓会にも欠席で 少し気になっていた

大学生を筆頭に三人の愛娘を残しての旅立ち
末娘は中学生_
セーラー服姿の沢山の学友達が泣いていた

私にとって同窓生の葬儀は初めてのこと
式後 集まった級友10数名と近くの居酒屋へ
〆切を抱える身ながら飲まないわけには行かない

思い思いに昔話をする
記憶は皆まちまちで一つのエピソードに様々な解釈があり驚いたり笑ったり
眠っていた感情が開き夢のような時間が過ぎる

悲しい席ながら心優しい仲間達に出会えた幸せを感じていた
多分 何かを洗い流し再生していたのだろう

改めて良い仕事をしなければと思う

若くして逝った友人の為に出来ることがあるとすれば
自分の命を精一杯燃やして生きていくことしかない_
[PR]

by hirokimafuyu | 2006-07-29 06:35 | 雑記


<< obsession      儀式 >>