2005年 11月 14日

父の誕生日

今日は父の誕生日です

電車で4 駅しか離れていないのに
親不孝者の私は今年もお祝いに行くことが出来ませんでした

父は昔から多趣味な人で退職して何年にもなる現在も水彩画と英会話の勉強を続けています
他に趣味のサークル活動などもこなしていて
息子として父がぼける心配をする必要はないようです

父は私にとって最初の絵の先生でした

戦争へ行った最後の世代で
ユースカルチャー世代の私とは良くぶつかりました
子供の頃に優しくされた記憶はあまりありません
一緒に写生に行っても描き方が気にくわないと容赦なく叱責されました

それでも高校時代 私が進学をしないで卒業後漫画家になると言った時
家族の反対の中で一番最初に許してくれたのが父でした

1995年に新潮社から作品集「ルィーズ」を出版した時
電話をかけてきて
「良くやった」と言ってくれました

父に褒められたのは後にも先にもあの時だけです

無骨な男ですが私は彼を尊敬しています
面と向かってはとても言えないのでここに書きました


お父さん83歳の誕生日おめでとうございます

お母さんと二人
いつまでも元気でおられることを願っています


洋樹



[PR]

by hirokimafuyu | 2005-11-14 23:16 | 雑記 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://kquarter.exblog.jp/tb/2194407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from at 2005-11-14 23:17
タイトル : ~夢見る月光~
足跡残しますね☆... more
Commented by コウメイ at 2005-11-15 12:08 x
私の父は82歳、母は79歳。私もあっといまに親の年になり消えていくのだろうなと感じています...................。
Commented by hirokimafuyu at 2005-11-15 17:54
私も最近そんなことを良く思います
ここまであっというまでした
これからはもっと早いでしょうね

死ぬまで絵を描き続けていければと思っています



<< 判断      信頼 >>