Hiroki Mafuyu Blog

kquarter.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 11日

19歳の時の写真

古くからの友人
イラストレーター杉浦コウメイ氏から私が19歳の時の写真を送っていただきました
昔のアルバムの整理をしていたら出てきたとのことです
これも何かの縁なのでしょう
彼とは20年ほど音信不通になっていて 2ヶ月ほど前に彼が私のweb siteを見つけてくれたことで
交流が再開していました

彼 杉浦孝明とは19歳の時に出会いました
歳は私より一つ上で当時美術学校に通う学生でした
彼を紹介してくれたのは漫画の先輩 夢野ひろしです
3人共アパートが近かったこともあり
よく会っては深夜まで絵や音楽の話をしました

初めてコウメイ氏の部屋で彼が描いた何枚もの油絵を見た時の衝撃は忘れられません
漫画絵しか知らなかった私にとって初めて知るシュールリアリズム絵画の快感と言っても良いでしょう
美術館や展示会ではなく友人の家で額装もされてないむき出しの「絵」に出会ったことに感動しました


この当時私はヤングコミックとガロに漫画作品を発表し
週刊プレイボーイでイラストを描く駆け出しのプロであったこともあって生意気盛りでした
この写真からはその後20代でやってくる混乱の人生に対する気構えなどはまるで見て取れませんね
まあそんなものでしょう
19のガキですから

コウメイ氏の絵の影響は30歳を過ぎて本格的にイラストレーションを描くようになってからより感じました
彼が話してくれた技術的な言葉を思い出しました


若い頃の身近な刺激に勝る宝はありません
音楽・絵・文学...
何にしろ
少年時代に心に刺さった棘のようなものが後の人生を決めるのでしょう

お金も何もなかったけれど
幸福な出会いに恵まれたことを感謝しています


d0060251_1824348.gif
[PR]

by hirokimafuyu | 2005-11-11 18:04 | POP ART | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kquarter.exblog.jp/tb/2173705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 信頼      Transformer >>