Hiroki Mafuyu Blog

kquarter.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 18日

小林 繁

昨日 巨人阪神でエースピッチャーだった小林繁氏が亡くなった

まだ57歳
信じられない

私の中には'78年の「江川事件」の記憶は未だ生々しく残っている
東京で生まれた男子は巨人ファンになるのが当たり前といわれた世代に私は育った
何よりも王貞治がいる巨人軍が好きだった
その私にとって子供の頃から信じていた組織を初めて疑う機会になったのが'78年の「江川事件」だった
こう書くと大げさに聞こえると思うが それだけ牧歌的な時代だったのだろう
最終的に小林繁が犠牲になる形で決着がついたが 彼の潔い態度でどれだけプロ野球のイメージが救われたことか、

それからは小林が投げる時は阪神を応援した
細身の体からの気骨の投球に興奮した
そして私の巨人ファン歴は王貞治が監督を追われた時点で終わった
今 巨人で顔と名前が一致するのは原監督と阿部くらいだ
愛とか憎しみではない
本当に興味がなくなってしまったのだ
今にして思えば やっぱりあの「江川事件」が大きかったのだと思う

名選手のプレーはビデオを廻す必要もなく心の中でしっかりと反芻することができる
王 長嶋全盛期の勇姿
野茂英雄 ドジャースでの日々
最近では 何といってもワールドシリーズでの松井秀喜だろう
小林繁が阪神に移った'79年の活躍もそれらに引けを取ることはない
世界で一番やせっぽっちで負けず嫌いのピッチャーは22勝をあげ最多勝となった

体格に恵まれなかった分 技術と思考で勝負するプレーヤーだった
それは これから指導者として若者達にたくさんの宝を伝えられたということでもあった筈だ
二重の意味で残念でならない

小林さん 貴方のサイドスローは本当に格好良かったよ_
 


d0060251_18393494.jpg

[PR]

by hirokimafuyu | 2010-01-18 03:00 | SPORTS


<< 雨の誕生日      恋文 >>